ビタミンC誘導体とは?

みなさんはビタミンC 誘導体APPSという成分をご存知ですか。ビタミンC誘導体と聞くと化粧品のイメージが強いでしょう。この成分にはそもそも、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、シミやくすみを薄くして肌を白くする美白作用や、毛穴を縮小して肌を引き締める働きや肌のハリや潤いを取り戻す働きなど、美肌作用の高い成分です。

 

これまでビタミンC誘導体と言うと、その種類は、水溶性のアスコルビン酸グルシニドやリン酸型ビタミンCやアスコルビルエチルや、油溶性のステアリン酸アスコビルやテトラヘキシルデカンなどに分けられていました。水溶性は水に溶けやすい性質があるので、主に化粧水や美容液に使われ、油溶性は油に溶けやすい性質があるため、主にクリームに使われていました。それが主流でしたが、それから開発が進み、水溶性と油溶性のメリットだけを取り入れた高品質なビタミンC誘導体が生み出されたのです。これがAPPSです。

APPSの効果とはどんなもの?

ビタミンC誘導体APPSは、水溶性と油溶性のそれぞれのメリットを上手く組み合わせ、デメリットを抑えたものです。

 

リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を加えることによって、さらに高い機能を実現しました。コラーゲンの生成を促進してシワやたるみを改善して肌にハリや潤いをもたらし、シミやくすみにも高い効果を発揮します。コラーゲンが存在する真皮層まで働きかけることが可能なため、肌のハリや潤いを保ってシミやくすみを予防するというこれらの働きが、従来のビタミンC誘導体よりもさらに高いというわけです。

 

しかも、水にも油にもどちらにも適しているので、化粧水でも美容液でも乳液でも、どんな化粧品にも合わせることが出来ますし、塗布だけでも高い浸透力があります。従来は、浸透力を高めるためには、イオン導入などの美顔器を必要としましたが、ただ塗り込むだけで高い効果を得ることが出来るのです。このような点から、APPSは従来のビタミンC誘導体と比べて100倍の浸透力があると言われているのです。